リクルートのための映像制作

学生の就職活動のリクルートにも、映像制作の映像が使えます。

ネット上の情報は溢れかえっていますが、学生たちが本当に知りたい情報とのミスマッチによって、十分な情報が得られていないと感じられてしまうことがあります。企業側がそういう学生のニーズを汲んで映像制作で知りたい情報を取り込むことができれば、学生たちにとって有益な説明になるでしょう。学生たちは、エントリー段階ではまだどんな会社や仕事がいいのかについて不安を感じています。

その際に学生たちの後押しをしてくれる映像を伝えることができれば、自社に注目を集めることができます。会社説明会の段階でも、先輩の生の声や経験談を聞く機会があれば具体的な入社後のイメージを作ることができます。ここでも映像制作で作った映像で共感を集めることができれば、学生たちの注目を引くことができます。内定をもらったとしても、学生たちは「本当にこの企業でいいのか」と悩むことがあります。

その不安をなくすために、嘘偽りのないストレートなメッセージを映像で伝えてあげることができるといいです。先輩や社員を集めて学生たちと話す機会を設けるのは難しいですが、映像制作で過去の経験談や実際に働いている社員の様子を映し出すことができれば、学生たちにとって有益な情報になるでしょう。映像制作の際には、格好をつけた映像ではなく、ありのままの姿を映し出すことが大切です。その方が伝わるものが多いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *