映像制作の準備の仕方

映像制作は、大きく分けて3つの流れで進められます。

まず映像制作前、実制作、完成後の3つです。映像を作る前には、まずは企画の意図や目的をはっきりさせておくようにします。なぜその映像が必要なのか、誰に対して見せるものなのか、どこでどのように使うのか、などを明確にしておきます。そして企画書や要望書としてまとめて、できるだけ客観的に具体的に整理しておきます。

また、客観的な意見も取り入れると同時に、気持ちや熱意といった主観的なことも制作サイドに伝えられるようにしておく必要があります。これらをまとめたら、いよいよ映像制作会社に依頼します。企画と構成を行い、撮影場所の下見や検討のロケハンをしておきます。素材はムービーだけではなく、イラストやグラフなども使うことがあります。あとは仮編集と本編集を行い、仕上げに音声編集などが加わります。完成したら、ニーズに合うように活用します。例えば展示会やイベントで上映したり、社内研修で使ったり、ウェブサイトに展開して広告に使うなどといった使い方です。

映像制作の目的が曖昧だと、何を伝えたいのかがブレてしまい、活用効率が下がってしまいます。なので、まずは製造制作を依頼する前に、これだけは伝えたいことや、誰に向けての映像なのかをはっきりさせておきましょう。特に外部の消費者に向けて公開する場合には、ターゲットを決めておかないと何を訴えた映像なのかがわかりにくくなるので注意しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *