動画配信サイト向けの映像制作を宣伝に活かす

多くの方々に自社の商品やサービスを知ってもらうために、映像制作をしようと考えている企業は、まずは動画の再生時間の長さを決めておく事をおすすめします。

どういった場所で映像をアピールするのか次第で、最適な動画の再生時間の長さは大きく変わってくるという点に注意してください。幅広く映像制作を行っている会社であれば、短時間でありながらインパクトがある上に、動画配信サイトなどでも使いやすい映像を作ってもらえます。近年では動画配信サイトで、ユーザーが動画を再生する際にコマーシャル動画が流れる事も増えてきています。

その動画は15秒程度で終わる事が多いのですが、スマートフォンやパソコンを使う方々が増えている現代では、絶大な宣伝効果を発揮してくれる点で企業からの注目度も高いです。1分や2分ほどの再生時間の宣伝動画しか作っていないと、動画配信サイトのコマーシャルに、自社が作った映像が使ってもらえない可能性もあります。より多くのユーザーに新商品やサービスを知ってもらうためにも、15秒程度のコマーシャルの映像制作は必要だと考えてください。

パソコンやスマートフォンというのは、ユーザーによって音量設定も大違いですから、音量の大きなコマーシャルはユーザー側から毛嫌いされてしまいます。そんな音量の大きな動画を作ってしまわないように、どれぐらいの音量の動画を作るべきか、細かいアドバイスをくれるのも映像制作会社を利用するメリットです。ユーザーにとって心地良い音色を選ぶべきといったアドバイスも含め、宣伝用の映像を初めて作る企業からは喜ばれています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *