映像制作のアルバイトをするメリットとデメリットとは

映像制作のアルバイトをすると、時給が高い、友人に自慢が可能、雑談が面白いなどのメリットが期待可能です。

映像制作は特殊な技術を使う仕事なため、時給は高く設定してくれます。テレビ業界に関係する仕事でもあることから、夜も働く場合があります。そのため、夜に働くと昼間よりも時給が2割上がるので、頑張れば高収入も期待できます。夜に働いている時は、ガムを嚙んだり珈琲飴を舐めていれば集中力を維持できます。あと、映像制作は珍しい仕事なため、友人に話すと興味を抱き、熱心に聞いてくる可能性が高いです。その時は仕事の最中の色々なことを話したり、自慢話も交えると楽しい時間が過ごせます。

また、仕事仲間に業界に長く滞在している人がいた際は、休憩時間に話を聞かせてもらいましょう。芸能界の裏話を沢山聞かせてくれるため、面白いと感じながら聞くことが可能です。ただ、聞いたことは誰にも話さず、胸の内に閉まっておいたほうが無難です。デメリットは映像制作の仕事は疲労を感じやすい、怒られる機会が多いなどです。

重い機材を背中に背負って移動したり、あちこちを走り回る場合もあるため、仕事が終了した後は疲れて動けないことがあります。栄養ドリンクを摂取したり、仮眠をとると疲れは抜けます。ですが、肉体労働に近いので、仕事終了後はご飯を美味しく食べられるはずです。あと、仕事を教えてくれる人の中には、すぐに怒り出す人がいるので注意です。ただ、仕事を上手くこなせなかったから怒っているだけなので、無難に仕事ができるようになれば怒らなくなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *