映像制作で知っておくといい豆知識

映像制作で知っておくといい豆知識についてお伝えします。

映像制作は自分ひとりで作るのと他人と一緒に作るのでは難しさががらりと変わりますが、ここではひとりで作る場合についてお話します。まず必要なのは、どういったストーリーにするかということです。これによって映画全体の雰囲気が変わります。人はだれでも映画を見たり作ったりする際に、最も重要なテーマとして何を伝えたいかということに集中します。

映像制作の前に視聴者に何を伝えて、どう感じてほしいのかを胃の一番に考えることで、おのずと出演する人数や、どこを舞台に撮影するか、また、どのようなシーンが取りたいのか、それに必要な機材は何かということが徐々に決まってきます。ひとりで作る場合、構想を練ることに最も時間を割かないと、必ずどこかで行き詰ってしまいます。いったんスタートしたら後戻りするのはとても大変ですので、スタートが肝心といえます。

複数人のバックアップも期待できないので、いろいろな状況をあらかじめ予想したうえでいくつかシミュレーションする必要があります。構想が決まってからも自分が思うように撮影が進むことはまずありません。天候や出演者の都合、出演者との意思疎通、機械トラブルなどたくさんの困難が待ち受けています。それらをあらかじめ想定したうえでどう対処すれば被害が少なく防げるかということをできるだけ多く考えることで受けるダメージをなるべく少なくします。以上のことに気を付けるといいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *