動画制作にはテーマを設定することが重要です

動画制作に取り組む人が目だって増えてきました。

ネット上には動画公開サイトが設けられていて、誰でも投稿できるシステムになっていますので、ますます動画人気が広まってきたのでしょう。多くの動画の中でも、出来上がりには上から下まで大きな差があります。再生回数の著しく多いものと、逆にかなり少ないものとの違いを比べますと、その差は歴然としているのです。

再生回数が少ない作品は、確かに見ていてもつまらないと感じる人が多いのは間違いありません。なぜつまらなくて退屈なのかと言いますと、動画制作した人の視点が全く欠落しているからなのです。

たまたま通りかかった人が、スマートフォンで交通事故の現場を撮影した動画がニュースで紹介されていることがあります。これは動画制作ではなくて、記録に過ぎないのです。どんな状況であるかを動画で記録しているものですから、そこには思いというものがこもっていません。

片や、プロが作ったテレビ番組には必ずテーマがあるのです。何を伝えたいのかという視点があります。プロの動画制作では、最初に伝えるテーマを元に視点を決定して、多く撮影した映像から自分が必要とするものを選抜していく形をとるのです。テーマと視点があるから、ストーリー性が生まれてくるのは当然でしょう。

何をテーマに設定して、どんなふうにそれを伝えるかということを徹底的に考えて、動画制作に当たっているのです。テーマを何も意識せずに制作に走ってしまうと、それは単に記録になってしまいます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *