動画制作を依頼するときの留意点です

インターネットを見ておりますと、動画によって商品やサービスの宣伝をしている場面に頻繁に出くわします。

ある調査によっても、動画広告のほうが静止画に比べても、クリック率が2倍ほど良好であるとの結果が出ているのです。広告効果が得られるというところから各社が動画広告に力を入れ出し、同時に動画制作を業務とする会社も急増してきているという現実があります。

動画制作会社の数が多いだけに、どこに発注していいのか選択に迷ってしまうケースが増えてきました。動画制作会社を選ぶときには、依頼者側として準備するべき事柄があります。まずは動画を作る目的をはっきりとさせておくことです。

自社のブランディング化のためであるのか、販売促進のためか、自社サイトへの誘導を狙うのかなど、なぜ動画を制作するのかを明確にしておかなければなりません。依頼者側が求めていることと、動画制作会社の強みが一致していたら申し分がありません。過去に同様に制作事例があるかどうか、その実績がどうであったかを確認することが大事です。

次に、動画を制作する趣旨の優先順位に合致しているかどうかを確認しなければなりません。予算がないので料金が安いところがいい、急ぎなので短納期の会社が望ましい、高品質の動画を作ってほしい、などの中でどれを最優先するかをあらかじめ決めておくことが必要です。制作会社との打ち合わせでは最優先事項を明確に伝え、それが達成可能であることを確認しておかなければなりません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *