広告手法として注目される動画制作

動画制作は今や大手企業から中小企業まで幅広い企業が新たな顧客の獲得や既存の顧客へのアピール手法として取り入れています。

これまではテレビコマーシャルのようなより幅広い世代にアピールできるツールが広告ではメインではありましたが、近年ではインターネットの普及によりよりターゲットを絞って自社をアピールできる広告媒体増えています。

テレビよりも自由度が高く、枠購入の価格も抑えられていますので、比較的予算の少ない事業者でも参入出来る可能性があります。そこで気になるのが動画制作にかけることが出来る費用です。動画制作を行う事業者も現在ではニーズの増加から多忙にな状況にありますので、きちんと納期を守ってくれる事業者であることが大前提となってきます。

料金に関しても、どこからどこまでの費用が入っているのか見積もりの段階から精査しておく必要があります。動画制作の場合、一度作成を始めてしまうと途中で止めるわけにはいかないという事情もありますので注意しましょう。

制作が始まってしまってから社内の事情が変わりやはり中止となってしまっても、すでに脚本が出来ていたりや制作スタッフが仕事を始めてしまっている場合は料金の発生が生じる可能性があります。また、修正が発生すると修正の度に料金が別途発生する事業者もありますので、打ち合わせの段階でしっかりと作りこむこと、また修正が入った際はどのくらいの費用が発生するのかも事前に知らせてもらうことが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *