動画制作で失敗しないための方法

動画制作でよくある失敗は、意外にも技術的なところではありません。

それよりも、「自分には合わないカメラを買ってしまった」といったように準備の段階で失敗をしてしまっている人が多いです。初心者の人ははりきって高いカメラを買う傾向がありますが、最初は安いカメラでもいいのでとにかく動画を撮影・編集・WEBにアップロードという一連の手順を経験してみましょう。一連の流れを把握したら最初に考えていたのとは違うアイデアが浮かんでいるはずです。

解像度が高いカメラのほうが綺麗な動画が撮れますが、素人の動画制作ではスマートフォン程度の解像度でも十分です。解像度については動画サイトで確認できるので、体験してみるといいでしょう。

方法は動画サイトの設定のボタンを押して画質の変更をするだけです。480Pとか720Pとか動画によって変更できる解像度は異なります。一般的に高画質と言われているのは720Pや1080Pですが、ノートパソコンのような小さな画面で見るなら720Pでも1080Pでも変わらないかもしれません。スマートフォンで見るなら320Pくらいが最高になります。動画制作で気を付けるべき大切なポイントは、許可をもらっていない他人を写してしまわないことです。動画に他人が写ったからといってただちに罪になるわけではありませんが、損害賠償を請求される可能性などもあります。

そして、皮肉なことに鮮明な動画が撮影できるカメラのほうがそのリスクが高いのです。なぜなら、解像度が高いと顔がはっきりと写ってしまうからです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *