観ている人がわかりやすい動画制作

今はyoutubeなどの動画を観る人が増えていて、テレビ離れが進んでいます。

これにはいくつか原因がありますが、一番大きなものは視聴者が見たい番組やコンテンツを選ぶ時代になったからでしょう。テレビは視聴者が受動的で、流れてきたものを見るという形です。一方でyoutubeなどの動画サイトは自分で見たいものを選ぶことが出来て、時間帯も自由に選ぶことが出来ます。

テレビであればゴールデンタイムと呼ばれる7時から9時あたりに人気番組を集中させます。なので、この時間帯にテレビの前にいないと見たい番組も見ることは出来ません。しかし、動画サイトであれば自分の好きなタイミングでいつでも動画を楽しむことができます。

ではyoutubeで人気のコンテンツを配信している人の特徴について注目してみましょう。youtubeで動画を配信して、収入を得ている人をyoutuberと呼びます。このyoutuberの中でもトップの方にランクインしている人は主に小学生や中学生などの若者をターゲットにしています。若者はテレビよりもスマートフォンを操作している時間の方が長いです。なので、この層から支持を集めると視聴回数が大きく増えます。なので、子供向けに分かりやすい動画制作をすることが求められます。観ている人にわかりやすいように字幕をつけたり、効果音をつけるなどの動画制作技術が求められます。動画制作に慣れてくると作業スピードも上がっていきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *