動画プレーヤーとしてiPhoneを使う

iPhoneは、電話機能や電子メール機能などの基本機能がしっかりとしているスマートフォンです。

世界中の人々が愛用しており、人それぞれに使い方が異なっています。iPhoneには、電話機能や電子メール機能の他に、ブラウザ機能やカメラ機能や動画プレーヤーなどインターネットやマルチメディア関連の機能が充実しています。iPhoneを動画プレーヤーに使う場合は、再生するファイルを動画プレーヤーで再生出来るように、パソコンで再生させたいファイルを動画エンコードする必要があります。

パソコンで動画エンコードを行なうには、エンコーダーと呼ばれるソフトウェアがありますので、これをパソコンにインストールして、iPhone向けの動画ファイルのテンプレートを使ってエンコードをしますと、簡単に作る事が出来ます。パソコンでは、動画編集ソフトが充実していますので、カットやフィルタを行いたい場合には、動画編集ソフトを使っていきますと効果的です。

iPhoneを動画プレーヤーに使うメリットは、いつでもどこでも動画を観る事が出来る事であり、インターネット接続が出来ますので、ネット動画を専用アプリで視聴する事も可能であることです。ネット動画から自宅で撮り溜めした動画まで様々な動画を観る環境を構築出来ますので、便利に使えます。また、写真や音楽も再生出来ますので、気分次第で写真や音楽や動画を切り替えて見ることが出来ますので重宝します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *