動画制作活用の場とは

インターネットの時代になって動画活用の場は増えて来ました。

特に動画共有サイトにおいては動画投稿も自由に行うことができ、誰かに情報を伝えたい場合にも利用することが出来ます。但し広告宣伝目的の場合には届け出は必要になるようです。動画制作はどのような用途で依頼されるのかを見て行くと例えば商品や物件が紹介される場合に分かりやすいということが言えます。それに以前なら足を運ばなければならないし、電車やバス、自動車などの交通手段を使って時間や労力をかけて出向いていたものが自宅に居ながら物件の購入について比較検討することができるようになったのは大きいものがあります。

カタログや折込広告、パンフレットのような紙媒体のものではなく、サイトなどと併用すればより多くの情報を届けることができて、しかもゴミとして残るものがないので省エネにつながる方法とも言えます。動画制作では耳で聞くものでなく目で見て耳で聞くことで理解でき体験することにも繋がるもので合理的な方法と言えます。地域紹介ビデオなどの動画制作では、地図上で地名ぐらいの情報を知るのが限界でしたが、動画であれば名所・旧跡や観光スポットや施設も映像入りで知ることができどういう場所か行ってみないと分からないということがなくなりつつあります。

学校等の施設も映像入りで紹介してもらえるようになり、何をやっているところかもある程度雰囲気をつかむことができて選択する場合にも大きな判断材料にもなりえます。動画やアニメーションを使うと理解し易く音楽と共により長く記憶に残るという効果があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *