動画制作で収益が発生する仕組み

動画制作で収益が発生する仕組みは広告にあります。

よく動画を見る人は無料で動画を見ているのになぜ収益が出るのかと不思議に思うかもしれません。ですが、これは広告というものがあるからです。動画を見ていると画面のどこかに広告がでているはずです。これがあることで動画制作によって収益が発生することになっているわけです。この仕組みは別に珍しいものではありません。テレビなどでも同じことです。

ただ、テレビの場合はコマーシャルとしてはっきりとした枠があるので、そこに広告が出ているという仕組みになっているだけです。番組の途中で必ずCMが入るのは、このCMこそが最も大切なものだからです。民放では緊急ニュースのような特別番組でもCMが入ります。これは、それだけCMというものが大事だからです。なぜならテレビはこのCMによって成り立っている仕組みだからです。同じように動画も広告によって成り立っているというわけです。

なかには、動画に広告がないものもあります。これは意図的に広告を出していない場合もあります。それはいわゆるキャンペーン的なものです。最近はキャンペーンとして、人を集めるためにある一定期間は広告を出さないで人を集めることを目的として動画制作をすることもあります。一定期間が過ぎると広告を出すようにして収益があがるようになっているので、こうした仕組みを考えることも出来ます。今は動画はいろいろな使い方が出来るということです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *