動画制作のための機器

動画制作のための機器としては、最低限のものであればスマートホンとパソコンがあれば可能です。

要はムービーが撮影できる機器と、それを編集することのできる機器があれば動画制作はできます。ですが、ちょっと高度な動画、あるいはインパクトのある動画制作をしようと思えば、もう少し追加の機器を考えてみても良いでしょう。ただ、編集をするパソコン側に関してはとくに追加も必要なく、考えるのは主に撮影機器の方です。

最近のスマホは十分にハイスペックで、画質に関してはそれこそ本物の映画に用いられているものと同レベルとかそれ以上のものもありますが、やはり撮影方法と音声に難はあります。撮影に関しては手ぶれを起こしやすいですから、三脚があれば良いでしょう。音声に関してはマイクを使いたいところです。このような外部機器との接続を考えれば、やはりスマホよりはデジタルカメラのほうが一枚上手ということになるでしょう。

また、カメラに関しても最近ではそれこそ動画制作のためにあるのではないかと思えるようなものが出てきています。アクションカメラなどはその最たるものです。身体など、動いているものに直接装着して動画撮影できる小型カメラで、動きのある映像、迫力ある映像を撮影するのにはぴったりです。もちろん、そういう動きのある映像をメインとする動画でなければ特に意味はないかもしれませんが、作りたい作品の種類によっては素晴らしいものが作れるかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *