動画制作とドローン利用

動画制作の一つの手段としてドローンを使うという方法があります。

ドローンというのは最近いろいろなところで用いられるようになってきていますので、既に見たり聞いたりしたことのある人も多いでしょうが、誰でも簡単に扱えるラジコンヘリコプターのようなものと思ってもらえば良いでしょう。ラジコンでもヘリコプターをうまく操縦するにはかなりのコツが必要ですが、ドローンの場合は初心者でも扱いやすいようになっています。というのも、ジャイロセンサーや制御装置の進化によって、空中でのホバリングというか空中に浮かんだまま移動せずに静止させることが比較的簡単になったからです。

常に操縦していないと空中の一か所に留めておくことができないのではコツをつかむまで扱いは困難で、どこかにぶつかったり墜落したりすることも多いかもしれませんが、容易に静止させることができるのであれば操縦もさほど難しくはありません。このドローンがなぜ動画制作に向いているのかはもう明らかでしょう。

誰でも簡単に空撮映像が撮影できるからです。普通のカメラをどのように用いても空撮映像を撮影することはできませんが、ドローンがあれば普通は撮影できない空中からの映像を動画制作に用いることができ、他の映像作品との差別化を図ることができます。このようなドローンは今では十分に値段もこなれてきており、ごく一般の人にも十分に手が届くくらいのものになってきていますから、動画制作のためにも使えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *