シラス壁に発生したキズの補修ポイント

###Site Name###

自然素材のシラス壁に施工してある一戸建ては、シラス壁にキズが発生した場合は、同じ素材で補修をしてもらいましょう。
基本的に亀裂や凹みなどのキズは、樹脂を埋めて補修することで対応できます。

金属でも木材でも、あるいは樹脂製の資材でも、樹脂を埋めて補修をすることで、美しい表面に仕上がります。


シラス壁の場合は、樹脂を使用して補修をすると、乾燥して固形化した樹脂成分がシラス壁から剥がれてしまうことがあります。


強力な接着効果の得られる樹脂を使用すれば、剥がれにくくなるものの、強度は弱いままです。

自然素材のシラス壁は、火山噴出物で作られていますので、細かい粒子に、さらに小さな孔が無数あります。

NAVERまとめの補足説明を致します。

小さな孔は、湿度の吸収と放出に作用するため、孔をふさぐように樹脂を塗っても、接着面そのものが限られてしまいます。

シラス壁のキズは、シラスで補修するのが理想的です。

シラス壁に対して、液状化させたシラスを塗り、乾燥させて仕上げれば完成です。キズを埋めるように塗るのがポイントです。



塗ったシラスが乾燥してから、表層部をヤスリがけします。

ヤスリがけすることで、施工済みのシラス壁との段差がなくなり、違和感がなくなります。



業務用のドライヤーを使用して施工すれば、もともとのシラス壁と一体化させやすく、施工した年代の差を感じさせない仕上がりが実現します。
木造建築の一戸建ては、シラス壁で施工してあるとカビが発生しにくく、健康的に暮らせる環境です。

同じシラスを使用することで、シラスの効果が発揮される面積を狭くすることなく、最大限に効果を発揮し続けられます。